• teatreeshinjuku

「気」のお話


こんにちは、清水です♪

緊急事態宣言も開けた昨今、


飲みに行かれる方も多いのでしょうか。

清水はというと、


とくに変わらない生活をしております。

相変わらず、サロンと自宅の往復でございます。

いいんですよ、


自宅に帰れば可愛い相棒(まめたん)がいますし。

モフモフの彼に


癒してもらっていますので(о´∀`о)

ところで、先日お客様と


「気」についてのお話をする機会がありまして、


お客様はとても興味深く聞かれていました。

サロンに勤めていた頃、セラピスト仲間から、


お客様のお疲れの「気」貰って、


とても身体がだるい、とか、


異常に疲れた、という事を良く耳にしました。

それはどういうことかと言うと、


少し不思議なお話ですが、


私達セラピストが


お客様のお身体に触れる事で、


手からお客様のお疲れの「気」を吸い取って、


時にはそれがセラピスト自身の身体が


異常に反応してしまう事が、


稀にあると言うことです。

そんな事あるの?と思われるかもしれませんが、


清水のセラピスト人生で、


その様な事を良く耳にしましたし、


清水自身も、セラピストを初めて間もない頃は、その様な事もありました。

昔セラピストの先輩に、


必ず仕事終わりは粗塩のお風呂に浸かったり、


お塩をふったりした方がいいよ、と言われた事があります。

あるお客様が、


逆に清水の事を心配して、大丈夫?と


お優しいお言葉を下さいましたが、


粗塩のお風呂や、お塩するなんて、


そんなことはしません!

1日の〆は、ビール、レバニラ、餃子につきますw(=´∀`)

ただ、1つ必ずやる事。

施術部屋に、常にアロマオイルを


ランプや加湿器で焚く事です。

アロマの作用で、お部屋の中全体が浄化されて、


尚且つ、いい香りでお客様が、


より癒されて下さればと必ず行ってきた事です。

後輩セラピストに


「気」を貰ってしまってとても辛いと相談された時は、


好きなアロマの香りを嗅いで、


深呼吸して少し休むように伝えていました。

そのような時間がない時は、


マスクの端に少しアロマを湿らせて、


施術中はなるべく呼吸を深くして行うように


アドバイスしていました。

清水は、今お客様から「気」を貰ってしまって


辛いと言う事は皆無になりました。

きっと、清水の身体にはお客様から貰う


「疲れの気」を吸い取り、


分解、浄化する細胞がたくさんいるのだと


確信しています。

お客様のお疲れが深いほど、


清水の手の熱も上がり、


エネルギーが湧いてくるのです。

きっとセラピストというお仕事は、


清水の天職なのだと言えます。

皆様、どうぞご安心して、


疲れきったお身体で、ご来店下さいませ♪

今日は少し不思議なお話でした。